乳液の選び方は?必要な理由・使うタイミング・正しい使い方も紹介

その他の記事

主には化粧水の後に使用する乳液。

普段使用している乳液は自分に合っていますか?

もしかしたら今自分が抱えている肌トラブルも、乳液を変えたら解決してしまうかもしれません。

また、ベタベタするから乳液を敬遠してしまっていたり、使用したことがないという人もいます。

でも、乳液のことを知れば、きっと使うきっかけになるでしょう。

乳液の使い方や選び方をマスターして、今よりも綺麗な肌を手に入れましょう。

乳液が必要な理由は?

乳液はそもそもどんな存在なのでしょうか。

よく、乳液はベタベタするから嫌いという理由で、スキンケアは化粧水のみという人がいます。

でも、乳液をきちんとつけている人と肌の潤いを比較すると、乳液ありの人のほうがしっかり潤っているのです。

肌に水分がたくさんあるだけでは美肌には近づけません。

適度に油分を与えることにより、肌の表面のバランスが保たれます。

乳液には、肌に水分と油分の両方を与えることで肌を美しくする役割があるのです。

いくら美容成分が豊富に配合されていても、油分と水分が乳液の基本です。

美容成分はあくまでも付加要素なので、きちんと油分と水分を与えられるかがカギとなっています。

乳液の効果は?

商品によって異なりますが、乳液は油分を含んでいるものが多いです。

これは、クレンジング・洗顔をしたことにより、肌を守っていた皮脂膜が剥がれてしまいます。

その皮脂膜の代わりを果たすために含まれているのです。

それに、化粧水にも美容成分がたくさん含まれていますが、それを肌の奥までしっかり届くように助けてくれる役割も持っています。

また、化粧水は水分であるため、肌にいくらしっかりつけても蒸発してしまいます。

その上から油分で蓋をすることにより、蒸発を防ぐ効果もあるのです。

乳液の選び方は?

乳液なら何でもいいというわけではありません。

人によってぴったりな乳液は違いますし、1番いいと感じる乳液もやはり違います。

含まれている成分にも違いがあるので、選ぶときは迷ってしまいますね。

自分にぴったりな乳液を探すために、チェックするべきポイントを紹介します。

色々なメーカーが乳液を出しているので、その中から自分に合うものを探しましょう。

保湿力の高いものを選ぶ

乳液の役割は主に保湿です。

保湿力は製品によって全然違うので、成分をチェックしたり、テスターでしっかり保湿されるか確認しましょう。

グリセリンBGDPGという成分が保湿力があります。

自分の使用している乳液にはこのような成分があるかどうかをチェックしてみましょう。

保湿力がないと、十分に化粧水で与えた水分を閉じ込めることができません。

それに、乾燥して肌トラブルを起こしてしまう原因となってしまいます。

使用感が気に入るものを選ぶ

チェックしたいポイントのもう1つは、使用感です。

さらっとした軽いものがよかったり、重めのこっくりとしたようなものがよかったりと人によって好みが違います。

好みのものがあるかどうか、テスターでチェックしましょう。

また、肌の状態に合わせて何種類か乳液を揃えておくのもアリです。

その場合は、さっぱりかしっとりか、使用感の違うものを選ぶとどんなときでも対応することができます。

スキンケア化粧品は、使い続けないと効果が得られません。

自分が使い続けられるようなものを選びましょう。

乳液を使うタイミングは?

乳液は、基本的に化粧水、美容液の後に使います。

肌に水分や栄養を与えて、蓋をするイメージです。

乳液だけでは足りないときは、その上からクリームを塗ることもあります。

ですが、全ての乳液がそうではありません。

洗顔のあとすぐに乳液をつけて角質を拭きとって化粧水の浸透を良くしたり、乳液で肌を柔らかくしてから化粧水をつける仕様になっているものもあります。

他にも、UV効果のある乳液や、化粧下地として使用できるものもあります。

また、乳液は朝使用するのに向いています。

使用するのは化粧水の後ですが、保湿力が気になる場合はUV効果のない普通の乳液を塗ったあとに日焼け止めのような感覚でつけてもいいでしょう。

自分の使用しているものがどのような使い方をすればよいか、もう一度確認しましょう。

乳液の正しい使い方は?

乳液は基本的には化粧水のあとにつけるものです。

ですが、例えば化粧水をつけてしばらく経ってからつけては意味がありません。

それに、いくら乳液をつけるからとはいえ、ほんのちょっとだけつけるというのもアウトです。

乳液は、化粧水が浸透してからつけましょう。

早すぎると肌に上手く乳液が馴染みませんし、遅すぎると化粧水の水分が減ってきてしまうので意味がありません。

しっかりと水分が浸透したのを確認して、乳液をつけましょう。

それと、乳液をつける前に手のひらで温めてからつけるのも有効です。

人肌ほど温まると、乳液が肌に馴染みやすくなります。

自分の使い方を確認して、今までの乳液の使い方を見直してみましょう。

乳液をつけるときの注意点は?

乳液をつけるときの注意点を確認しましょう。

まず、強く擦らないことです。

スキンケアの基本ですが、やはり急いでいたりするとゴシゴシと擦ってしまうことが多いです。

肌が傷ついてしまうため、優しく馴染ませるようにつけましょう。

また、肌のコンディションは毎日変わるものです。

今日は肌がなんとなくベタつくと感じるときは、油分が少なめのさっぱりとした乳液を使用するといいですね。

マッサージをするときに、全ての乳液が使えるわけではありません。

油分が多いほうがマッサージに適しているので、マッサージをするときは専用のものを使用するのが無難でしょう。

アンナ

ファッションのトレンドを取り入れて、お洋服を買うことに目覚めてきた今日この頃!
いろんな分野の流行も逃さずにどんどん発信していきます!

>>Instagramはこちら

その他の記事

人気の脱毛クリニック

【1位】エミナルクリニック
全身脱毛(全身脱毛5回)159,000円
(月額)2,980円
施術箇所全部で49箇所
営業時間11:00~21:00
公式HPhttps://eminal-clinic.jp/
ここがオススメ!
・月額2,980円で全身脱毛!
・1ヶ月に1回で最短5ヶ月で完了
・とにかく予約が取りやすい
【2位】リゼクリニック
全身脱毛(全身脱毛3回)149,800円
(月額)3,100円
施術箇所全部で15箇所〜
営業時間11:00~21:00
公式HPhttps://www.rizeclinic.com/
ここがオススメ!
・月額3,100円で全身脱毛!
・VIOを含む全身の永久脱毛が可能!
・実績多数で安心のクリニック
【3位】レジーナクリニック
全身脱毛(全身脱毛5回)189,000円〜
(月額)6,300円
施術箇所全部で26箇所〜
営業時間11:00~21:00
公式HPhttps://reginaclinic.jp/
ここがオススメ!
・最短8ヶ月で完了!
・VIOを含む全身脱毛が可能!
・脱毛クリニックでは店舗数が多い

人気の脱毛クリニック

【1位】エミナルクリニック
全身脱毛(全身脱毛5回)159,000円
(月額)2,980円
施術箇所全部で49箇所
営業時間11:00~21:00
公式HPhttps://eminal-clinic.jp/
ここがオススメ!
・月額2,980円で全身脱毛!
・1ヶ月に1回で最短5ヶ月で完了
・とにかく予約が取りやすい
【2位】リゼクリニック
全身脱毛(全身脱毛3回)149,800円
(月額)3,100円
施術箇所全部で15箇所〜
営業時間11:00~21:00
公式HPhttps://www.rizeclinic.com/
ここがオススメ!
・月額3,100円で全身脱毛!
・VIOを含む全身の永久脱毛が可能!
・実績多数で安心のクリニック
【3位】レジーナクリニック
全身脱毛(全身脱毛5回)189,000円〜
(月額)6,300円
施術箇所全部で26箇所〜
営業時間11:00~21:00
公式HPhttps://reginaclinic.jp/
ここがオススメ!
・最短8ヶ月で完了!
・VIOを含む全身脱毛が可能!
・脱毛クリニックでは店舗数が多い
iiiro-イイイロ-
タイトルとURLをコピーしました