歯並びが気になる人へ!歯科矯正の種類・費用・メリット・デメリットを解説

コラム

「歯並びが汚いのがコンプレックス」

「歯並びが気になって上手く笑えない」

そんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?

歯並びを治すためにはどうしたらいいのか分からないという方もいるでしょう。

そこで今回は、歯並びが気になるあなたにオススメな歯科矯正について詳しくご紹介します。

歯科矯正とは?

歯科矯正とは、歯並びの悪さ噛み合わせの悪さを整えるための治療法のことを指します。

歯並びが悪いと、笑顔になったときもぶさいくな印象を与えてしまうことがありますよね。

歯並びの悪さは、見た目に影響すること以外にも、

  • 虫歯になりやすい
  • 歯槽膿漏になりやすい
  • 食べ物を噛みにくくなる

など、様々な悪影響を及ぼします。

この様な理由で、歯科矯正をされる方は多いようです。

美容的な視点からも、歯並びを整えたいという場合は歯科矯正をすることがおすすめです。

歯科矯正の種類は?

歯科矯正は3種類の方法があります。

それぞれの特徴をご紹介しましょう。

1.ワイヤー矯正

一番ノーマルな歯科矯正方法です。

歯の表面に矯正装置(ブラケット)を取り付けて、ワイヤーで固定することで歯を引っ張って矯正します。

取り付けるワイヤーの種類も様々でそれぞれのワイヤーによって見え方や感じ方が異なるようになっています。

金属ブラケット

一番ノーマルなブラケットで、ワイヤー矯正をしている方のほとんどが金属ブラケットでの矯正を行っています。

違和感は少なく、装着していてもストレスになることが少ないブラケットです。

費用も比較的低価格であることが特徴となっていますが、美容的な目線から考えると歯科矯正をしていることが表面から目立ってしまう矯正装置になっています。

女性としては、矯正装置を目立たせたくないと感じる方も多いでしょうし、金属ブラケットには抵抗がある方もいるかもしれません。

セラミック・プラスチックブラケット

セラミックやプラスチックで作られた矯正装置です。

費用は少し高くなってしまいますが、矯正装置が白や透明なので目立たない点が最大のメリットです。

ワイヤーも白いものに変更することが可能な矯正歯科も多く、矯正装置をほとんど目立たなくする事が可能になっています。

ワイヤー矯正を行う場合に、矯正していることをできるだけ目立たせたくないという方は、セラミックやプラスチックの矯正装置を選択するといいでしょう。

セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケットというのは、通常の矯正装置に比べてワイヤーとブラケットの摩擦力を軽減させた装置のことです。

痛みが少なく治療期間が短い点が特徴となっています。

身体への負担や治療期間を短くしたい場合は、この矯正装置を選ぶといいでしょう。

2.裏側矯正

裏側矯正は、ワイヤー矯正で説明した矯正装置を歯の裏側に装着する方法です。

表面から目立たないことや、虫歯になりにくいという特徴があります。

外見上でのストレスが少ない点がメリットですが、違和感は比較的強い傾向にあります。

ワイヤー矯正や裏側矯正では、全体矯正だけでなく、歯の一部分だけを矯正する部分矯正もあります。

3.マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、ワイヤー矯正や裏側矯正のように矯正装置やワイヤーは使用せず、マウスピースを装着することで歯科矯正をする方法です。

1日20時間以上の装着や、2週間ごとの交換が必要ですが通院回数が少ない点がメリットです。

歯科矯正にかかる費用は?

歯科矯正は高いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

歯科矯正の種類によっても費用の幅はかなり広くなりますので、種類別に説明していきましょう。

歯科矯正は基本的に保険が適応されませんので、自費診療となります。

成人の場合の歯科矯正費用は約80~100万円程度と言われていますが、その内訳はどうなっているのでしょうか?

歯科矯正にかかる費用の内訳

歯科矯正にかかる費用の内訳は、

  • 初診料金
  • 検査料金
  • 診断料金
  • 矯正料金

の4つに分けられます。

初診料金に関しては、クリニックによって異なりますが、無料に設定しているクリニックもありますので確認してみるといいでしょう。

無料~6万円程度まで幅がありますので、初診料が安いクリニックを探すといいでしょう。

検査料金はどのクリニックでもかかってくることが多いと認識しておく方がいいですね。

というのも、歯科矯正を行うために矯正装置やマウスピースなどを使用する必要がありますが、あらかじめ検査をして骨格や歯の状態を確認しておく必要があります。

相場は約3万円になっています。

診断料金は、検査後の治療方針の決定や、患者さんへの診断にかかる料金で約2~2.5万円となっています。

矯正の種類ごとの料金

矯正料金は、矯正装置にかかる費用通院料金、処方料金などをまとめたもので、矯正の種類によって異なります。

矯正の種類金額
ワイヤー矯正約60~100万円
ワイヤー矯正
(部分矯正の場合)
約15~60万円
裏側矯正約90~150万円
マウスピース矯正約80~110万円

クリニックや使用している矯正装置の種類によっても異なりますが、歯科矯正には100万円前後の費用が掛かります。

一括ではなかなか払えない方がほとんどだと思いますが、医療ローンなども使用できる場合が多くなっていますので、無理のないように歯科矯正を行うことも可能です。

歯科矯正にかかる期間は?

歯科矯正にかかる期間は、部分矯正であれば半年~1年全体矯正であれば1年半~2年程度が平均となっています。

矯正装置を装着中は1~2か月に1回の通院が必要になり、矯正器具を外した後もメンテナンスなどで半年~1年に1回の通院が必要になります。

矯正装置の種類によっても異なりますので、確認が必要になります。

歯科矯正のメリットは?

歯科矯正を行う際にはメリットやデメリットが生じます。

メリットから説明していきます。

歯並びが綺麗になり、印象が変わる

歯並びは人の見た目や印象に大きく影響しています。

そのため、歯並びが整うと見た目の印象もきれいになります。

笑顔を作るのが嫌だなんて悩む必要もなくなりますね

自分に自信が持てる

歯並びがコンプレックスに感じていた方であれば、歯並びが改善されると自分に自信が持てますよね。

歯科矯正を行うことで自分に自信を持つことができ、今までよりも前向きになれることも多いようです。

虫歯のリスクが減る

歯並びが整えば、虫歯などの口腔疾患のリスクも軽減します。

虫歯になりやすい人は歯並びが原因の場合も多いようです。

歯科矯正を行うデメリットは?

次にデメリットを紹介していきます。

痛みを伴う場合がある

歯科矯正を行うと矯正装置の使用などで痛みが伴うことがあります。

身体にストレスがかかってしまう点はデメリットだといえるでしょう。

矯正装置の選択によっては痛みが少ないものがありますので、クリニックで相談してみるといいでしょう。

費用や期間がかかる

歯科矯正にかかる費用は100万円近くなりますので、負担が大きいですよね。

また、定期的な通院や、矯正にかかる費用などから考えると、時間的な負担も大きくなるでしょう。

よく考えて決断する必要がありますね。

まとめ

歯並びがコンプレックスな女性にとっては、歯科矯正は最強の改善方法です。

しかし、デメリットもありますのでよく考えて決める必要がありますね。

この記事を参考に自分に合った、ストレスの少ない歯科矯正方法を見つけておくといいですね。

実際にクリニックでも無料カウンセリングを行っている場合がありますので相談してみるのもオススメです。

歯並びを改善し、キラキラした毎日を送りましょう。

タイトルとURLをコピーしました