【セルフスキンケア11選】お金をかけないおすすめの方法は?効果と作り方も解説

コラム

女性なら誰しもお肌をきれいに保ちたい」と思いますよね。

スキンケアは継続するからこそ効果が生まれるものですが、デパートやドラッグストアに並ぶスキンケア商品は高く、買い続けるのが大変です。

そこで、今回はお家にあるものでできるセルフスキンケアをご紹介します。

お家にいながら、コスパ良く、簡単に美肌を手に入れましょう!

1.きゅうりパック

きゅうりパックの効果

きゅうりはなんと水分が95%と水分が豊富。

水分量が多いことから、肌の保湿効果があるといわれています。

肌が保湿されると、肌表面を潤し、バリア機能がアップするんです。

また、開いた毛穴の引き締め効果もあるので、オイリー肌が気になる方にさっぱりとした感覚を与えてくれます

きゅうりパックの作り方

  1. きゅうりおろし(½本):レモン汁:ミルク=1:1:1用意し混ぜ合わせる。
  2. 肌に伸ばして、10分程度放置。
  3. ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

水っぽくなる場合は、小麦粉を適量加えましょう。

また、ソラレンの働きを最低限抑えるために、夜間や外出の8時間以上前にすることをオススメします。

きゅうりパックは方法を間違えるとお肌のシミに原因になります。

せっかくの美容法がシミの原因になってしまっては、本末転倒ですよね。

実はきゅうりに含まれている「ソラレン」という成分が、紫外線の吸収を促進させる働きがあります。

ソラレンは皮の下に多い為、輪切りにしてつけておくだけのきゅうりパックではだめです。

2.はちみつパック

はちみつは飲むサプリメントと言われているくらい栄養価が高いんです。

はちみつは食べるだけでみるみるきれいになる魔法のエキスなんですね。

はちみつパックの効果

はちみつには200種類以上の栄養成分が含まれています。

栄養成分効果
保湿成分浸透力UP
ビタミンが豊富美白効果
カリウム塩分を抑える
ブドウ糖酸化酵素殺菌効果

こちらはほんの一例ですが、はちみつには多くの効果が期待できます。

はちみつパックの作り方

パックに使用するはちみつは天然(純粋)はちみつ100%を使いましょう。

  1. はちみつを小さじ1/2程度を手に取り、肌に薄くのばしていきます。
  2. ラップで密封し10分程度放置した後流しましょう。

これでもちもち・うるうる肌へと進化します。

洗顔料や化粧水、クレンジングオイルなどに混ぜて使っても効果があります

洗顔料などは、はちみつの比率2:1で作りましょう。

特に洗顔フォームに混ぜるともこもこな濃密泡が完成するのでオススメです。

はちみつは人によって肌に合わない方も多い為、パック前には必ずパッチテストを行ってください。

3.緑茶パック

お茶の中でも、特に緑茶は美肌効果抜群なのを知っていましたか?

緑茶パックの効果

緑茶に含まれるビタミンが美白効果や抗酸化作用をもたらし、アンチエイジング効果があります。

また、抗菌効果があるので、ニキビの予防や改善にも役立つ代物なんです。

緑茶パックの作り方

  1. 緑茶:小麦粉=1:2で混ぜ合わせたものを用意。
  2. いつも通り洗顔した後、顔に塗りパックする。
  3. 5~10分おきパックが乾かないうちに洗い流す。

使用する緑茶は粉末を使用しましょう

ツルツル肌が完成します。

茶葉の場合はミキサーなどで細かくすりつぶしてから使うようにしてくださいね。

4.たまごパック

卵にはタンパク質を含む栄養素がたっぷり詰まっています。

特に卵白は美容に最適です。

今回は卵白を使用したパックをご紹介します。

たまごパックの効果

卵白には石鹸などと同じような界面活性作用を持ち、肌をツルツルに仕上げてくれます

抗菌作用、保湿作用、角質除去作用を持っているため、ピーリング効果に加えて、保湿まで賄ってくれるんです。

たまごパックの作り方

  1. 卵白を泡立てネットで泡立てて、肌に乗せるだけ。
  2. 10分程度で卵白がだんだん乾燥してくるので、乾く前に流しましょう。

可能であれば、メレンゲで行うとなお良いです。

是非試してみてくださいね。

5.オリーブオイルパック

オリーブオイルパックの効果

オリーブオイルはオレイン酸を豊富に含み、角質への浸透効果や、保湿効果が期待できます。

オリーブオイルを使用して、マッサージを行うだけで肌がもちもちになりますよ。

オリーブオイルパックの作り方

  1. オリーブオイルを肌に薄くのばし、3分放置します。
  2. ホットタオルで顔を温めながらふき取るだけ。

ビタミンも豊富で、肌の保護や美白効果も得られます

簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

6.ヨーグルトパック

ヨーグルトパックの効果

ヨーグルトに含まれているフルーツ酸はピーリング効果があり、古い角質を取り除いてくれるので、美白効果も得られます。

ヨーグルトの水分(ホエイ)はメラニン色素の生成を抑えてくれるため、シミ予防の効果があります。

また、アミノ酸が含まれており、高い保湿力があるんです

ヨーグルトパックの作り方

  1. ヨーグルトと小麦粉を大さじ1杯ずつ用意しましょう。
  2. しっかり混ぜ合わせたものを10分間パックします。
  3. ぬるま湯で綺麗に注ぎ落す。

必要な角質まで落としてしまう可能性があるので、やりすぎには注意しましょう。

ヨーグルトパックにはプレーンヨーグルトを使用。

はちみつや緑茶などを混ぜてパックを作ると更に美肌効果がアップするので試してみてくださいね。

7.ココナッツオイルパック

ココナッツオイルとは、ココヤシの実の中の胚乳から抽出された、飽和脂肪酸をたっぷり含んだオイルです。

少し前までは海外セレブの間で評判だったココナッツオイル美容ですが、現在は日本の女性の間でも話題になっています。

ココナッツオイルパックの効果

ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸は紫外線のダメージを和らげる性質を持っており、保湿力も高いという優れものです。

ビタミンEが豊富に含まれているため、抗菌作用によるニキビ予防や、抗酸化作用によるアンチエイジング効果も期待できます。

ココナッツオイルパックの作り方

  1. ココナッツオイルを手に取り、顔全体にやさしく伸ばします。
  2. 顔全体に伸ばしたココナッツオイルの上に、蒸しタオルを2~3分のせていきます。
  3. 肌表面に残っているココナッツオイルを、蒸しタオルでやさしく拭き取ります。

コットンパックに使用することで肌に直接美容効果を与えることができるので、是非試してみてくださいね。

ココナッツオイルパックを試す前には、必ずパッチテストを行ってください。

8.フルーツパック

お家にあるフルーツで手軽にできるパックをご紹介します。

フルーツパックの効果

フルーツといっても多くの種類がありますが、共通してビタミンを豊富に含んでおり、様々な美容効果が期待できます。

フルーツの効果の一例はこちらです。

フルーツ効果
リンゴアンチエイジング効果、美白効果
バナナ皮膚の抵抗力UP
スイカアンチエイジング効果
いちごアンチエイジング効果、ニキビ予防
柑橘類美白効果、ニキビ予防

フルーツからも様々な効果が期待できると言えるでしょう。

フルーツパックの作り方

生パックとしては、バナナパックやリンゴパックがオススメです。

そのうちバナナパックをご紹介します。

  1. 新鮮なバナナをフォークなどで潰したら、小麦粉と合わせペースト状に。
  2. 顔全体に薄く塗り、5~10分ほど放置します。
  3. ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

肌に潤いを与えるほか、美白効果も期待できます

手軽に作ることができるので挑戦してみてくださいね。

ご紹介したパックは、肌に塗った後上からラップで密封しましょう。

そうすることで保湿力をアップすることができます。

あまり長時間放置すると肌荒れの原因になりますので、最長でも10分放置したら洗い流すようにしましょう。

9.塩風呂

あなたはお風呂に入るとき、入浴剤をつかいますか?

ドラッグストアや雑貨小売店にいくと、様々な入浴剤が販売されています。

種類が多くて選ぶことが大変だったり、気づけば入浴剤を切らしてたなんて経験ありますよね。

そんな時、どの家庭にも必ずある塩が入浴剤の代わりになるんです。

塩風呂の効果

塩はお湯に溶けることで、毛穴を開き発汗させる効果を持ちます。

いわゆるデトックス効果です。

また、肌への浸透率をアップさせたり、殺菌効果も持っているんです。

老廃物を流して、ツルツルなお肌が手に入ります。

塩風呂の作り方

塩風呂に使用するのは食塩ではなく粗塩にしましょう。

  1. 38~40度くらいのお風呂を準備します。
  2. 30~50gを浴槽に入れます。
  3. 10分~20分が目安の入浴時間です。

ミネラルを多く含んだ精製されていない天然塩を使うのがおすすめです。

パッケージに「天然」と書かれているものや岩塩などを選ぶとよいでしょう。

脱水症状になる可能性があるため入浴の前後は必ず水分補給をしましょう。

10.日本酒風呂

日本酒風呂の効果

日本酒は飲むことで血液循環を良くしたり、リラックス効果があるといわれています。

実は、お風呂に混ぜることで同じような効果を受けることができるんです。

日本酒のアルコールに含まれるアデノシンが血液循環を良くして、基礎代謝をアップさせてくれます。

基礎代謝がアップすれば美肌効果やダイエット効果も得られますよ。

また、日本酒特有の香りが副交感神経を優位にすることで、リラックス効果があります。

アミノ酸も配合されているので、保湿効果も期待できるんです。

日本酒風呂の作り方

作り方は簡単です。

  1. 38度~42度のお風呂を準備します。
  2. 180~360ml程度(コップ2杯程度)を浴槽に入れます。
  3. 20分~30分が目安の入浴時間です。

日本酒風呂に入った後は、日本酒に含まれるアミノ酸が身体に付着しています。

アミノ酸は入浴効果を持続させてくれますので、洗い流さずそのままタオルで拭く程度がよいでしょう。

アルコールアレルギーがある方やお酒が弱い方は控えましょう。

11.牛乳風呂

牛乳風呂の効果

牛乳には、蛋白質やビタミン、カルシウムが含まれています。

それらが、肌の角質除去効果や保湿効果を持っているんです。

牛乳風呂の作り方

  1. 38度~40度のお風呂を準備します。
  2. 牛乳をお風呂に500ml~1L浴槽に入れます。
  3. 20~30分が目安の入浴時間です。

低脂肪乳でも問題ありませんが、保湿力は少し落ちてしまいます。

ゆっくり浸かることで血行が良くなりポカポカしてきます。

また、においが気になる方は、アロマオイルを混ぜたり、牛乳の量を少なくしてみてください。

お肌がツルツルになりますよ。

まとめ

今回は、自宅にあるものでできるセルフスキンケアを紹介しました。

意外なものが、お肌に良い効果をもたらす事を知ることができましたね。

手軽にお安く実践できるのでぜひ一度試してみてください。

ツルツル、すべすべなお肌を手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました