ぼっちゃり体系の着こなしポイント!カジュアルな着痩せテクニックを紹介

ぽっちゃり体型で、好きなファッションもいまいちきまらない…と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

編集長
編集長

しかし、体型を理由にファッションを諦めることはありません。

ポイントを押さえれば、ぽっちゃり体系でもファッションですっきり見せることが可能です。

そこで今回は、カジュアルな着やせテクニックなど、ぽっちゃり体型でも服を着こなせるポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ぽっちゃり体系の着こなしポイントは?

隠し過ぎないこと

編集長
編集長

ぽっちゃりの体型の着こなしで大きなポイントは、隠し過ぎないことです。

体型を隠す方法として、気になる箇所は隠すことがセオリーだというイメージがあるでしょう。

腕、ウエスト、ヒップ、足…自信のない部分をダボっとした服ですっぽり隠してしまうことで、ぽっちゃり体型をカバーしようとする方は多いはずです。

編集長
編集長

しかし、体の気になる部分すべてをすっぽり隠したファッションをしてしまうと、ぽっちゃりした部分に合わせて体が膨らんで見えてしまいます。

 

 

ぽっちゃり感を消そうとしているのに、これでは本末転倒です。

見せる部分も出してバランスをとる

編集長
編集長

回避するには何もかも隠そうとしないこと、隠す部分と見せる部分でバランスをとることです。

自分の体の中で、ほかの部分より細い箇所は積極的に出しましょう。

例えば首回りはおすすめです。

編集長
編集長

首が体のどこよりも太い人はほとんどいないでしょう。

手首や足首も体の中では細い部分です。

このように、体の中で細い部分や自信が持てる部分を見せることでメリハリをつけ、全体のバランスをとることができます。

また、見せている部分に視線がいくので、本当に隠したい部分をカバーすることも可能です。

 

上半身が気になるぽっちゃりさんには?

顔を小さく見せたい場合は?

編集長
編集長

顔を小さく見せたい場合は、顔に近いところのファッションをどのようにするかがポイントです。

例えば、首回りが広いものは、首元がすっきりし、小顔にみえやすくなります。

タートルネックや首のつまったクルーネックよりは、Vネックやスクエアネック、Uネックなど、首元の開きが大きいトップスがおすすめです。

カラーで言えば、ダークカラーよりも明るいカラーの服を選ぶのがおすすめです。

引き締め効果を狙うならダークカラーの方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、黒いトップスは体が細く見える分、顔は大きく見える可能性があります。
編集長
編集長

反対に膨張色である明るい色をもってきて、対比で小顔に見せましょう。

また、柄付きのトップスを着て、顔より柄に視線が集まるようにし、顔の大きさをカバーする方法もあります。

その場合は、大きな柄のタイプが良いでしょう。

柄が大きければ、その分顔が小さく見えます。

編集長
編集長

また、ボーダー柄を選ぶときには、太いラインのタイプよりも細いラインの方がすっきり見えます。

ただし、あまりにも柄を強調しすぎて、コーディネート全体のバランスが崩れないよう気を付けましょう。

二の腕をカバーしたい場合は?

編集長
編集長

二の腕が気になる方は、二の腕の形が出るような、ピタッと素材のトップスは避けた方が良いでしょう。

 

 

二の腕の途中など、袖が短いものも二の腕が強調されてしまいます。

二の腕をカバーしたいときには、袖に特徴のあるデザインを選ぶことが大切です。

例えばフレアスリーブは、ふわっとしたラインとほど良い長さで二の腕をさりげなくカバーし、かつ動きがあるため、うまく二の腕から視線を外すこともできます。

編集長
編集長

また、身長に合わせて袖のデザインを考えることで、さらに着痩せ効果を狙えます。

身長の低い方は、袖が長すぎると全体のバランスを見たときに、袖の長さが目立ってちぐはぐな印象になってしまうので、二の腕の部分だけなどほど良い長さのタイプがおすすめです。

身長が高い方は、袖の切り返しが自分の肩幅より内側にあると、肩幅が狭く華奢に見えるためおすすめです。

また、ノースリーブを着たいけど二の腕が気になるというときは、カーディガンを肩がけするなど、アイテムをプラスすることで、さりげないカバーが可能です。

 

下半身が気になるぽっちゃりさんには?

引き締めの効果を狙うには?

編集長
編集長

下半身の引き締め効果を狙うなら、黒などダークカラーのボトムスをチョイスすることは有名なポイントです。

もちろん、ぽっちゃり体型のカバーを期待できます。

ただし、ボトムスはファッションの中でも面積が大きいため、ダークカラーをもってくると重い印象になることもあります。

例えば、ゆったりめのワイドパンツを履くときは、トップスをダークカラーにし、ボトムスは明るい色を使うなど、メリハリをつけることで引き締めて見せることも可能です。

なお、スキニーパンツなど、タイトなシルエットのボトムスを履くときは、ボトムスをダークカラーにするのが良いでしょう。

ボトムスの細見せテクは?

編集長
編集長

ボトムスは足首が出るものを選び、細い部分を強調することが大切です。

ほかの部分より細い足首にポイントをおくことで、視線がそこに集まるため、体の気になる部分をカバーし、きれいなバランスを実現することができます。

足元は華奢なパンプスやミュール、足首にストラップのある靴など、肌が見えてすっきりしたデザインのものを選ぶのが良いでしょう。

 

気になるウエストラインは?

編集長
編集長

ウエストラインも気にすることの多い箇所です。

トップスをウエストインして、すっきりおしゃれなコーディネートにしたいと思う方もいるでしょう。

しかし、ウエストインすると、おなか周りが目立つのではとチャレンジできない場合もあるのではないでしょうか。

そんなときは、ロングカーデやロングシャツなどを一緒に羽織ってみましょう。

おなかや太もも、おしりのあたりをカバーすることができ、かつ縦に長いIラインが強調できて、細くシャープに見せられます。

また、おなか周りを気にするあまり、ダボっとしたシルエットのワンピースなどを着ると、凸凹がなくなり寸胴に見えてしまうこともあります。

編集長
編集長

回避するには、ベルトなどを使いウエストマークでXのラインを作り出すこと。

こうすることで体型にメリハリが出るため、すっきりグラマーなラインに見せることができます。

ウエストを気にして隠そうとすると、おしゃれな着こなしのネックになってしまうこともあります。

あえてウエスト部分を強調することで、ほかの部分との対比により、細く見せるテクニックを有効に活用しましょう。

 

ぽっちゃり体型でもいろいろなファッションが楽しめる!

編集長
編集長

ぽっちゃり体型だからといって、好きなファッションを楽しめないなどということはありません。

着痩せテクニックを活用すれば、気になる部分をカバーしながら、おしゃれな着こなしを実現することができます。

ぜひこの記事を参考にしながら、着こなしのポイントを押さえて、さまざまなコーディネートにチャレンジしてみましょう。

【公式サイト】 割引コード→『babBo
air Closet(エアークローゼット)はこちら
今なら1,000円OFFの割引コード付き!

いい色 編集部

元アパレル店の店長やっていた頃から、ファッション関係の情報を調べることが大好き!
私もファッションに関する情報をたくさん配信したいと思い、Webサイトを立ち上げました。
これから皆さんに役立つ情報を頑張って発信していきます。

いい色 編集部をフォローする
スポンサーリンク
コラム
いい色 編集部
タイトルとURLをコピーしました