化粧ノリが悪くなってしまう!毎日ノリがよくなるためのおすすめ方法7選

悩みの解決方法を紹介

朝メイクをしていて、うまくファンデーションなどが馴染まず、ノリが悪いことは誰もが経験していることでしょう。

そんな日は1日憂鬱な気分になってしまいますよね。

できることなら、毎日化粧ノリがいい状態で出かけたり仕事へ行きたいものです。

スキンケアを中心に、色々対策を行うことで毎日ノリをよくすることは可能なのです。

そのためにできることをこの記事では紹介していきます。

化粧ノリが悪い原因は?

そもそも、どうして化粧のノリが悪くなってしまうのでしょうか?

まず考えられるのは、肌の乾燥や皮脂の量です。

水分が不足していたりたくさんの皮脂がある状態でメイクをすると、うまく馴染むことができません。

そのため、ノリが悪い状態になってしまうのです。

それに、化粧のノリの悪さは、肌の状態だけが原因ではない場合もあります。

スキンケアはもちろんですが、メイク方法など見直せることもたくさんあるのです。

1.スキンケアを見直そう

まずは、きちんとスキンケアができているか見直しましょう。

ここで見直す内容とは保湿です。

それは、化粧ノリの悪さの原因が皮脂だとしても、乾燥が原因で皮脂が出ているということがあるからです。

肌の水分が少なくなると、潤わせるために皮脂を分泌するのです。

ということは、しっかり保湿をすれば皮脂の過剰分泌は防げるのです。

皮脂が多いからとさっぱりしたものばかりつけていませんか?

メイク落としは常にオイルクレンジングばかり使ってしまっていませんか?

乾燥の原因となっているスキンケア用品や方法を見直してみましょう。

2.顔の毛を脱毛して、すっきりキレイに

ファンデーションを塗るときに邪魔になるのが、顔のうぶ毛です。

実は、うぶ毛や毛がない状態にすることは、化粧ノリをよくする方法の1つなのです。

また、鼻下やおでこの毛も邪魔になってしまいます。

剃るのもいいですが、肌の負担になってしまうので脱毛がおすすめです。

黒い毛はまだしも、うぶ毛は脱毛できるかが疑問になることは多いですが、実際、うぶ毛の脱毛を売りにしている脱毛サロンは多いです。

それに、脱毛機器にフォトフェイシャルと同じような機能がついていてエステと同じような効果が得られるサロンもあるため、顔の脱毛が人気を集めています。

腕や脚は脱毛できていても、顔まで気が回らないことは多いので、ここで顔の脱毛にチャレンジしてみてください。

毛穴も目立たなくなり、いいこと満載です。

3.メイク方法の見直し

いつもファンデーションはどのタイミングで塗っていますか?

もちろんスキンケアの後ですが、保湿してからすぐベースメイクに移っていませんか?

また、忙しいことから下地を塗らずにそのままファンデーションを塗る人もいるようです。

このようなことも、化粧ノリを悪くする原因となってしまいます。

下地を塗るのは面倒に思えてしまいますが、肌の凹凸を滑らかにしたり、ファンデーションがきれいに塗れるような効果があるので必ず塗るようにしましょう。

下地機能のついた日焼け止めもありますよ。

スキンケア後からあまり時間の経たないうちにメイクを始めるのも、ノリを悪くする原因です。

保湿して、肌に馴染んだことを確認してからメイクをするようにしてください。

4.ファンデーションと化粧下地の相性がよくないことも

それでも化粧ノリが悪くなってしまうという場合は、化粧下地を変えてみるという方法も試してみましょう。

1番は、ファンデーションと同じメーカーの下地を使うことです。

やはり相性がいいように作られているため、崩れも起きやすいです。

でも、ファンデーションは肌に合っているのに下地が合わないということはよくあります。

他に、ファンデーションとうまく馴染む下地を見つけましょう。

逆に下地に合うファンデーションを見つけるのも1つの方法です。

色々試して、自分の化粧品と合うメイク用品を探してみてください。

5.洗顔方法を見直そう

洗顔するとき、どのように洗顔をしていますか?

時間がなくてゴシゴシ擦ってしまう人もいますし、泡立てをせずに洗っているという人もいます。

このような洗顔をしている場合、もしかしたら洗顔のせいで化粧ノリが悪くなってしまっているかもしれません。

洗顔方法の見直しが必要ですね。

まずは、ふわふわとした泡を作りましょう。

きめ細かい泡であることが理想です。

作るのが難しいという場合はネットなどを使って泡を作るのもいいですし、泡で出てくる洗顔料を使うのもいいですね。

そして、手のひらではなく泡で顔を擦るようにして洗います。

たくさんの泡だと弾力がしっかりあるので洗いやすいです。

それに摩擦が減らせるので、敏感肌の人にもおすすめの洗い方です。

洗い終わったら、さっとぬるま湯ですすぎましょう。

熱いと皮脂を落とし過ぎて乾燥の原因になりますし、冷たいと皮脂などがすすぎきれません。

ぬるま湯くらいの温度がちょうどいいのです。

正しい洗顔をすることで、肌の汚れもすっきりと落ちて化粧ノリをよくすることに繋がります。

さっそく試してみてください。

6.パフやブラシは思ったよりも汚れてる!清潔にしよう

今使用しているファンデーションのパフやブラシ、最後にいつ洗ったか覚えていますか?

実はメイクアップツールの汚れも化粧ノリに影響するのです。

洗浄方法は、洗剤でもみ洗いをして乾燥させるだけです。

クレンジングや食器洗剤でも代用可能です。

除菌効果のある専用クリーナーだと、洗浄したついでに除菌もできるので安心ですね。

高い値段だと思いがちですが実は100均でも販売されているので、思ったよりも簡単にできることが多いです。

実際に洗ってみるとわかりますが、洗ったあとのパフはびっくりするほどきれいになっています。

すすいだあとの水やお湯がびっくりするくらい汚れているのもわかります。

それくらい汚れているものを使用していると考えると、肌にも悪いのです。

清潔なパフやブラシで、楽しくメイクしましょう。

7.角質ケアでゴワつきとさよなら

毎日スキンケアをきちんとしていても、肌にゴワつきがあることがあります。

そのゴワつきも、化粧ノリを悪くしてしまう原因なのです。

古い角質が溜まっているので、角質ケアをして落としましょう。

角質ケアの方法も色々ありますが、すぐにできる乳液でのピーリング方法を紹介します。

用意するものは、化粧水・乳液・クリーム・蒸しタオルです。

蒸しタオルは、水で絞ったタオルを電子レンジで1分チンするだけで作ることができます。

洗顔をして水分を取ったら、乳液をマッサージするように顔全体に塗ります。

ここで注意したいのは、ゴシゴシこすらないことです。

肌をふやかすように優しくマッサージしましょう。

続いて、熱めの蒸しタオルを顔に乗せて、乳液を拭き上げます。

すると、古い角質が一緒に落ちるのです。

このあと、化粧水とクリームで仕上げをしましょう。

角質ケアをすることで、化粧水の浸透もよくなります。

毎日やると逆に肌によくないので、週に2、3回くらいのペースで行いましょう。

楽しくメイクするために、化粧ノリは大切!

化粧ノリが悪くなるのは、肌の状態はもちろんですが化粧品の相性も原因となります。

メイクツールを清潔にしたり、相性のいい下地やファンデーションに変えるだけで格段によくなる可能性もアップするのです。

肌も、しっかりと保湿して角質ケアをするとメイクがよく馴染むようになるのです。

今のスキンケアを見直すことはもちろんですが、保湿や角質ケアでできることを日々のスキンケアに取り入れてみてください。

化粧ノリをアップさせて、毎日絶好調なメイクを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました