彼氏に尽くしすぎて振られる?なぜダメなの?振られない方法8選も紹介!

悩みの解決方法を紹介

大好きな彼氏に尽くしすぎたら振られてしまった

そんな経験や悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?

大好きな彼には尽くしてあげたい」それが女心ですよね。

今回は、

  • 尽くしすぎる女性の特徴
  • 尽くしすぎはなぜダメなのか?
  • 振られないための方法

をご紹介します。

尽くしすぎる女性の特徴は?

尽くしすぎる女性には特徴があります。

自分に自信がない

自分に自信がないため、尽くしすぎてしまう女性は多いです。

尽くすことで、相手の気をとどめておこうという考えに至ってしまうんですね。

自分に自信がない女性は、他人から求められたり、認められた経験が少ないという方も多いよう。

自分の価値を低く見てしまい、彼氏に振られることばかり気になってしまうと尽くしすぎる女性になってしまいます。

長女で昔から面倒見が良い

長女で下に弟妹がいる女性はしっかりしていて、なんでもテキパキこなしてしまう女性が多いですよね。

面倒見がよく、彼氏の身の回りのことも尽くしてあげたくなる女性は多いようです。

長女だけでなく、人の面倒を見る職業などもこれに当てはまります。

人に尽くすことが当たり前になってしまっているため、彼氏にも尽くしてしまうんですね。

自分で何かを決められない

尽くしてしまうというよりも、結果的に尽くしていたというパターンなのですが、自分のことを彼氏よりも下に見ている女性や、自分で物事を決められない女性は彼氏の意見や行動に賛同しがちになります。

全てを彼氏に任せて、とにかく彼氏を支えてあげる女性は結果的に尽くしているということになってしまうんです。

尽くしすぎはなぜダメなの?

尽くしすぎて振られる女性はよく目にしますが、なぜ尽くしすぎるのがいけないのでしょうか?

それは尽くされた際の男性の心理から見れば、よくわかります。

母親のような存在になってしまう

尽くしすぎる女性は身の回りのことなどもしてあげる場合が多いと思います。

そういった日常を繰り返していると彼氏にとってあなたの存在は彼女ではなく母親のような存在になってしまいます。

男の子の兄弟を持っている方はイメージしやすいと思いますが、男性は母親に対して張り合いの心や反抗的な態度を取ることがありますよね。

あなたが彼の身の回りを整え尽くしすぎることによって、彼は大人の自分を否定されたような気持ちになります。

この様な理由から尽くしすぎは彼氏にとって必ずしもいいものではないんですね。

マンネリ化してしまう

尽くしすぎる女性は、どんな時でも彼の好みに合わせて行動します。

服装や見た目などだけではなく、デートの場所や食べるもの彼氏基準で考えることが多いでしょう。

付き合い始めの彼氏はその状況に満足するかもしれませんが、時間がたてばそれも飽きてしまいます。

いつも彼好みを基準で行動していることで、カップル間のマンネリ化を生じさせてしまい、別れてしまうことに繋がるんですね。

尽くし女子が振られない方法8選!

尽くしすぎる女性が彼氏に振られないための方法をご紹介します。

1.見返りを求めない

尽くしすぎる女性の中には「尽くす」という行動に見返りを求める女性がいます。

ですが、彼氏からの見返りがなければ、私はこんなに尽くしているのにと悲観的な感情を抱いてしまいますよね。

自分に自信がない女性であれば、その見返りから満足感や充足感を得ている方もいるでしょう。

ですが、愛とは見返りを求めない心が大切です。

相手のことを思って行う行動はたとえ見返りがなかったとしてもあなたの自信に繋がります。

彼自身も見返りを求められればいい気はしません

あなたのことが本当に好きなら、彼氏からもワンアクションあるはず。

尽くすときには見返りを求めず、彼氏への気持ちを表すように行動するといいでしょう。

2.自分を犠牲にしない

彼氏に尽くしすぎる女性は、結果的に自分を犠牲にしてしまい後悔する女性も多いです。

尽くす行動に自己犠牲が伴っては意味がありません。

自分を犠牲をしてまで恋愛を続けていても、長続きはしないものです。

自分に余裕がないときは尽くさなくたってかまいません。

あなたのことを愛している彼氏なら、そんなことで嫌ったりはしませんよ。

自己犠牲心はとても綺麗なものですが、長く確かな恋愛をし続けるためには自分を犠牲にしないことが大切です。

3.彼氏と同じくらい自分にも尽くす

彼氏に尽くしているのと同じくらい自分に尽くすことも大切です。

自分に尽くせば、自分磨きや女磨きにも繋がります

いつもと違う新鮮なあなたを見せることは、カップル間のマンネリ化を防いでくれるもの。

彼氏に尽くすことも時には必要ですが、自分に尽くす時間を作ることはもっと大切です。

4.時には自分の時間を優先する

彼氏との時間を大切にするあまり、自分の時間や友達・家族との時間を削ってしまう方がいます。

ですが、これはあまりよくありません。

自分の時間を削ってしまえば、彼氏のことを考える時間が多くなりますよね。

自分のことは後回しで彼氏のことばかり考えてしまうのは、尽くしすぎる女性に繋がります。

男性自身、自分の時間や友達との時間を大切にしているでしょう。

あなたも自分の時間や友達・家族との時間を大切にすれば、新しい気持ちでフレッシュに彼氏と接することができますよ。

また、「今どうしているんだろう?」と彼氏があなたのことを考えるきっかけにもなります。

彼氏との時間ばかり優先するのではなく、時には自分の時間や友達・家族との時間も大切にしてみるといいでしょう。

5.永続きできないことはしない

例えば、毎日お弁当を作ったり、毎日彼氏のために何かをすると意気込んでいる女性は尽くしすぎる女性になりがちです。

毎日彼のことを考えるのはとても大切ですが、毎日彼のために行動をすることでマンネリ化を招きがちになってしまうんです。

また、1日でも達成できない日があると、落ち込んでしまったり自分の自信が無くなってしまうなどネガティブな思考にもなってしまいますよね。

永続きできないことは無理にしなくても大丈夫

尽くしすぎる女性になる前に、1度見直してみるといいでしょう。

6.彼に頼まれる前に動かない

尽くしすぎる女性の彼氏はだんだんとあなたのことを母親のような存在に感じてきてしまいます。

そうなったらもう終わりではありません。

まだ改善の余地はたくさんあります。

彼氏が頼む前に動かないことが大切なんです。

尽くしすぎる女性は、次はこうしてあげよう、ああしてあげようと考えてしまいますよね

彼氏が求めていることを先回りして行動してしまうことが多いですが、こういった行動があなたを母親のような存在に見てしまう原因になっています。

ですので、彼氏から頼まれる前には行動しないと心を決めましょう。

また、あなたのことを母親のように思ってしまった男性は、あれして、これしてとあなたに何でも頼んでしまうようになります。

自分でできることは彼氏自身にやってもらうことが大切

私はお母さんではありません」という気持ちを行動で示していく事で、改善することができる場合があります。

母親のような存在になってしまったからといって諦めるのはまだ早いですよ。

7.自分の好みも大切に

彼氏に尽くしすぎる女性は、何かと彼氏の好みを大切にしますが、それがずっと続くと飽き飽きしてマンネリ化に繋がってしまうんです。

彼氏と接するときやデート、食事など、あなたの好みも取り入れることで彼氏自身も新鮮な気持ちを感じることができます。

新しい体験をすることで、楽しいという感情を与えることもできるんです。

彼との時間でも、自分の好みも大切にしましょう。

8.自分に自信を持つ

何より1番大切なのは自分に自信を持つことです。

尽くしすぎる女性の多くは自分に自信がなく、彼氏を繋ぎ止めたい気持ちから尽くすという行動を起こしてしまいます。

ですが、彼氏はあなたを彼女に選んだんです。

あなたに対して好きという感情を持っているんです

自信を無くすことはありません。

あなたが必死に尽くさなくたって大丈夫です。

自分に自信が持てるように、自分を可愛がってあげましょう。

ポジティブ思考はいい女の基礎です。

自分に自信を持つための努力をすることが大切ですね。

まとめ

彼氏に尽くしすぎて振られることは少なくありません。

現に悩みを抱えている女性も多いことでしょう。

彼氏に尽くしすぎる女性の特徴を理解して、改善していく事が大切ですね。

また、彼氏に振られない素敵女子になる為に、この記事を参考に行動してみてはいかがでしょうか?

尽くしすぎて振られるのではなく、尽くす行動を味方にできるように考え方や行動を1度見つめなおしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました