乾燥肌になる原因は?また、改善方法とケア商品の選び方・注意点も紹介

コラム

「肌がカサカサして、メイクが思うようにつかない。」

「かゆみが出たり肌が荒れるので、化粧品を選ぶのに迷っている。」

このように肌が乾燥したり、トラブルで悩んでいませんか?

毎日のお手入れで乾燥肌を改善して、みずみずしい肌になりたいですよね。

乾燥肌は水分を抱え込む力が低下して起こるので、スキンケアと生活習慣を変えることで改善していきます。

今回は、乾燥の原因や対策と予防方法を紹介します。

なぜ乾燥肌になるのか?

ここでは、なぜ乾燥肌になるのかを調査しました。

乾燥肌は皮脂も水分も不足した状態

乾燥肌は健康な肌の人と比べると水分と皮脂が不足した状態になります。

お風呂上がりや顔を洗った後に、肌がつっぱったりカサカサしてストレスも溜まりますね。

顔なら皮脂量が少ない、頬や目の周り・口の周りが乾燥しやすいです。

角質層が肌内部の水分蒸発を防いでいる

皮膚の中で表皮の一番外にあるのが角質層は薄い層ですが、水分を溜め込む働きがあります。

角質層は、

  • 皮脂
  • 天然保湿因子(NMF)
  • 角質細胞間脂質

で、潤いを保っています。

そして紫外線や細菌などの外部の刺激からも、肌を守ってくれます。

しかしなにかの原因で、皮脂や天然保湿因子・細胞間脂質や減ってくるとバリア機能が低下して水分が逃げます。

そのため、肌のバリア機能を維持することが乾燥肌対策に大切なんですよ。

乾燥肌を引き起こす原因とは?

ここではスキンケアだけじゃない、乾燥肌を引き起こす原因についてお伝えします。

ターンオーバーの乱れ

健康な肌は、ターンオーバーによって古い角質が剥がれ新しい細胞を作ります。

ターンオーバーが乱れると、バリア機能が低下して皮膚が乾燥してきます。

エアコンによる空気の乾燥

暑いときや寒いときは、エアコンは生活に欠かせませんね。

エアコンは冷房も暖房も、空気中の水分を吸収するので部屋の空気は乾燥します。

空気が乾燥すると、肌のバリア機能も低下しやすくなります。

間違ったスキンケア方法

洗顔をするときに、肌をごしごしとこすっていませんか?

肌をこすると、摩擦によってバリア機能が低下します。

熱いお湯で顔を洗ったり洗浄力が強い洗顔料を使っても、肌の保湿に大事な皮脂や天然保湿因子を失います。

ビタミンの不足

不規則な食生活を続けている女性も、乾燥肌を引き起こしやすいと言われています。

ビタミンBが不足すると、ターンオーバーが乱れるので注意が必要です。

加齢によるもの

年齢が高くなると、水分やセラミドなどのうるおい成分が少なくなります。

肌のうるおいを閉じ込めておく力が弱くなり、乾燥しやすくなるでしょう。

乾燥肌の改善方法は?

ここでは乾燥肌の対策と方法を、医療機関の受診とセルフケアについて紹介します。

医療機関での受診する場合は?

肌の乾燥が気になって、医療機関を受診する目安についてお話します。

  • 肌が乾燥して強いかゆみがある場合
  • 保湿対策用の化粧品を使っても改善しない場合
  • 化粧品の使用で赤みが出たりかゆみが発生した場合

クリニックの受診は、安心感にも繋がりますね。

セルフケアで対応する場合は?

肌の激しい乾燥やかゆみ・赤みがない場合は、セフルケアで対応できます。

保湿成分が含まれた、化粧品でお手入れを続けましょう。

保湿成分をご紹介します。

セラミド

皮膚のバリア機能を高めて、水分の蒸発を防ぎます。

保湿効果が高いと言われているのが、ヒト型セラミドで人の肌が持っているセラミドと構造が同じです。

ヒアルロン酸

肌表面の表皮部分で、1gで6リットルの水を抱え込む力があります。

ムコ多糖類でねばねばしているので、とろみがある使用感です。

スクワラン

べたつきがなくさらっとした使用感で、オイルが嫌な人にも注目されています。

ライスパワー

お米のエキスを発酵させて作った成分で、肌本来の働きを高めます。

ワセリン

医薬品に使用されていることもあり、低刺激で子どもにも使用可能です。

コラーゲン

肌の保護効果があり、加水分解することで浸透力がアップします。

アミノ酸

肌の天然保湿因子を構成し、バリア機能をアップさせてくれるので頼もしい成分です。

乾燥肌用のケア商品の選び方と注意点は?

乾燥肌用の製品を選ぶときは、皮脂を摂りすぎない優しい処方の商品を選ぶことが大事。

最初はサンプルやミニサイズを購入して、腕の柔らかい部分で試してから使用しましょう。

使用量が少なかったり、コットンを使うと肌に負担がかかります。

乾燥肌を予防するには?

乾燥肌を予防するには、どのような方法があるか紹介します。

正しい方法でスキンケアをする

洗顔するときは、たっぷりと泡を作り肌に触れないようにしましょう。

手で泡を作りにくいという人は、ネットを利用すると上手にできます。

皮脂の多いTゾーンから洗い、皮膚の薄い目元や口元はさっとなじませます。

人肌くらいのぬるま湯で洗い、柔らかいタオルで水分を拭き取りましょう。

エアコンによる乾燥の対策をする

エアコンは乾燥するので、肌にためには1年中加湿が必要になります。

オフィスに観葉植物を置くと葉を通して水分すので、乾燥対策におすすめです。

十分な睡眠をとる

睡眠中は細胞が修復される、成長ホルモンが分泌してターンオーバーが促進されます。

夜は早めに寝て、十分な睡眠をとることがうるおいのある肌を保つために必要です。

睡眠の質を上げるには、入浴は眠る2時間前が理想です。

眠る頃には、体温が下がって自然に深い眠りになります。

夕食は消化のことを考えて、眠る3時間前には食べましょう。

エビやホタテに含まれているグリシンは、睡眠のリズムを調整してくれる働きがあります。

夜食をよく食べる人は、夕食のときにゆっくり噛んで食べましょうね。

バランスのよい食生活を意識する

スキンケアだけでなく、バランスがよい食生活は肌の乾燥を予防できます。

肉・魚・卵・大豆食品のようなたんぱく質は、肌の細胞を作るのに大事な栄養素です。

さらにビタミンAは、新陳代謝をよくしてくれます。

ビタミンBは、皮膚や粘膜を強くしてくれるので外部からの刺激に強くなります。

乾燥しやすい部位に保湿剤を塗る

顔のスキンケアは、保湿成分が入ったコスメを使います。

お風呂に入っているときに保湿剤をつけて、蒸しタオルを乗せてもいいでしょう。

体の場合乾燥しやすい腕や足に、ボディークリームを塗りましょう。

香りがいい保湿剤を塗ることで、気持ちもリラックスできますね。

まとめ

今回は、乾燥の原因や対策と予防方法をお伝えしました。

角質層はうるおいを保って、紫外線などの外の刺激から肌を守ってくれます。

生活習慣の乱れは、乾燥肌の原因になります。

スキンケアは、肌にダメージを与えない洗顔保湿対策が必要です。

保湿成分が入った化粧品でお手入れを続けると、肌の水分量が増えてきますよ。

タイトルとURLをコピーしました