【鼻が低い・高くしたい】悩みを解消・解決するオススメの方法5選!

悩みの解決方法を紹介

鼻が高く、筋がスッと通っている人は美人と言うほど鼻の高さは顔のパーツでも大切な部分です。

鼻がコンプレックスという人もいますし、逆に1番好きな部分だという人もいます。

そんな鼻ですが、できるだけ良い形に見せたいものです。

素顔そのままの鼻をよく良く見せるのは難しくても、メイクで高く見せることもできますし、鼻の矯正具まであるほどです。

鼻を高く見せたり、実際に高くするにはどんなことができるのでしょうか?

こちらの記事では、鼻を高く見せる方法を紹介していきます。

おすすめの解決方法 一覧

おすすめの解決方法おすすめ度
ノーズクリップ5.0
鼻メイク4.5
美顔ローラー4.0
美容クリニック3.0
鼻粘土1.0

1位 『ノーズクリップ』で高い鼻に

おすすめ度5.0
費用2.0
効果3.0

メイクで鼻を高く見せることはできるけど、できれば素の鼻も高くしたいものです。

ノーズクリップとは

整形は嫌だという人におすすめなのは、ノーズクリップです。

ノーズクリップは、アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミング)の選手が鼻につけている道具という印象が強いです。

逆にそれ以外で見たことはあまりないでしょう。

実はスポーツのためだけに使用されるものではなく、美容機器として使えるものが多くなっています。

鼻に直接当たる部分はソフトなシリコンになっているので、最初は痛みを感じても徐々に慣れるとそこまで痛くなくなってきます。

ノーズクリップの使い方

使い方は、1日30分鼻をクリップで挟むだけです。

これだけで効果があるのか疑ってしまいますが、鼻は軟骨でできているので矯正して形を変えることが可能な部位です。

使用してすぐに効果が現れるものではないので、毎日根気よく使用することが大切です。

ノーズクリップの注意点

もったいないからと洗濯バサミをノーズクリップ代わりにするのはやめましょう。

強力なので痛みも激しいです。

自分に合うものを使用して、毎日続けてみてください。

2位 『鼻メイク』で高い鼻に

おすすめ度4.5
費用1.0
効果4.0

まずは、誰でも簡単に鼻を高く見せることができるメイク方法を紹介します。

用意するものは、マットなハイライトパール感のあるハイライトの2種と、シェーディングです。

アイシャドウブラシなど、細めのブラシもあればなおよしです。

鼻メイクの方法

まずは、眉頭から目頭を通る窪みに、スッとシェーディングを入れます。

鼻の根元に影を入れることで、細く、高く見せる効果があります。

指でシェーディングを入れると馴染みやすいです。

続いて、鼻の先にブラシで軽くシェーディングを入れます。

鼻先の中央に、V字で入れるイメージだと上手に入れることができます。

次に鼻筋にハイライトを入れます。

パール感のあまりない、マットなハイライトだと馴染みやすく入れることができます。

仕上げに、鼻先と鼻根にパールの入ったハイライトを入れます。

最初のマットなハイライトだけでも効果はありますが、仕上げにパール感のあるハイライトを高さが際立つ部分に入れることでさらに高く見せる効果が得られます。

これで鼻メイクは完了です。

少ないステップのメイクでしっかり鼻を高く見せることができますよ。

鼻メイクの注意点

メイクで注意したいことが2つあります。

①ハイライトとシェーディングの色選び

まずはハイライトとシェーディングの色選びです。

鼻を高く見せたいからと白いハイライトや濃いシェーディングを選んでしまうことがありますが、これは逆効果を招いてしまいます。

自分の肌の色に合ったものを選ばないと、メイクに上手く馴染むことができず、不自然な仕上がりになってしまいます。

BAさんや店員さんに選んでもらったりして、自分に合う色を選びましょう。

②塗りすぎてしまう

もう1つは塗りすぎです。

鼻の周りにしっかりメイクをしている人がいますが、メイクの不自然さのほうが際立ってしまいます。

特にシェーディングは失敗しやすいので、少しずつ塗ることを心がけましょう。

3位 『美顔ローラー』で鼻マッサージ

おすすめ度4.0
費用4.0
効果3.0

ノーズクリップの他にも、美顔ローラーを使用しての鼻ケアも可能です。

鼻は軟骨なので矯正が可能です。

そのため、マッサージをして鼻の形を変えることができる可能性が高いのです。

ですが、毎日マッサージをするのは面倒ですし、マッサージの方法を覚えるだけでも一苦労です。

そんなときに便利なのが美顔ローラーです。

昔の美顔ローラーというと、本当に鼻にも使用できるのかと思うくらい大きなものが多かったです。

現在は鼻根もしっかりマッサージできるような幅のものもありますし、美肌効果も得られるものもあるなどかなり充実しています。

毎日鼻周りをコロコロするだけで高い鼻になれるのならやってみたいですね。

ただ、美顔ローラーでもすぐに効果が出るわけではありませんし、個人差も激しいです。

いつか効果が出たらいいな、くらいの気持ちで気長に続けてみてください。

4位 『美容クリニック』で高い鼻に

おすすめ度3.0
費用5.0
効果5.0

気長に効果が出るのは待ってられないという人には、美容クリニックの施術はいかがでしょうか。

1番効果があるのはやはり整形です。

理想的な鼻の形にすることができますし、ダウンタイムはありますが満足度がかなり高い結果になります。

でも、いくらいい結果が出ても自分の顔にメスを入れるのは怖いものです。

ヒアルロン酸の注射

そこで、美容クリニックで注射などの治療を受けて鼻の悩みを解消することができるのです。

例えば、ヒアルロン酸の注射があります。

鼻筋と鼻根にヒアルロン酸を入れることで、低い鼻に高さを加えることができるのです。

注射だと、手術ではよくあるダウンタイムがないですし、施術時間も短く済みます。

また、鼻の高さも決めることができるのでコントロールも可能なのです。

ただ、ヒアルロン酸は一生キープできるわけではありません

最終的には体内に吸収されてしまうので定期的な施術が必要になってきます。

美容クリニックは保険適用外

美容クリニックでの施術は医療行為ですが、健康保険が効かないため全て自費での支払いです。

高額な施術でもあるので、定期的な施術を考えるとやはり費用の面を考える必要が出てきます。

予算と持続する期間を考えて施術を受けるようにしましょう。

5位 『鼻粘土』で高い鼻に

おすすめ度1.0
費用3.0
効果2.0

もう1つ、鼻粘土というものがあります。

鼻粘土とは、いわゆる付け鼻です。

自分で好きな鼻の形を作り鼻の上から取り付け、その上からメイクをして本物の鼻のように見せるものです。

粘土はamazonなどのショッピングサイトで購入することができます。

案外簡単に手に入れることが可能です。

鼻粘土の使い方

やり方は、粘土をこねて鼻の形に成形し、取り付けます。

出したい高さの分だけ取り付けると簡単です。

繋ぎ目を平らにして馴染ませます。

その上からファンデーションを塗って繋ぎ目を隠し、色を馴染ませて完成です。

鼻粘土の注意点

ただ、使用できるファンデーションは限られていることが多いため、ファンデーションを塗る前に確認しておきましょう。

また、最初は粘土を使うときは自撮りや写真を撮るときにして、慣れてきたら外に出るほうが不自然さを防ぐことができます。

コスプレや特殊メイクでも使用されているものなので、できるようになると色々なところで役に立ってきます。

最後に

無理をして整形手術を受けなくても、鼻の低さは色々な方法で解消ができます。

どの方法でも同じですが、長く継続することで効果が出てきます。

自分がやりやすい方法で、続けていきましょう。

鼻に自信を持って、メイクやファッションを楽しみましょう

タイトルとURLをコピーしました