【ヘアケア】シャンプーの正しい使用方法は?髪の毛の洗い方やよくある質問

コラム

毎日のヘアケアとして欠かせないのがシャンプーですよね。

シャンプーは髪を美しく保つために必要不可欠です。

ところで、あなたはシャンプーの正しい使用方法を知っていますか?

誤った方法でシャンプーをしていると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルにも繋がってしまいます。

今回はシャンプーの正しい方法と合わせて、髪の毛の洗い方やよくある質問もご紹介します!

シャンプーの正しい使用方法は?

シャンプーをする前にブラッシングをしよう

人の髪の毛には、目に見えないホコリや砂などのゴミがたくさんついています。

また、髪の毛は毎日抜けるものなので、抜けた毛が絡まってしまっていることも!

こういった付着物はブラッシングをすることで、ある程度取り除くことが出来ます。

そうすることで、シャンプーの効果が発揮しやすくなるんです。

「お風呂で髪をぬらしたときに、髪が絡まって困る…」なんて経験はありませんか?

髪が絡まると、シャンプーをするとき大変ですよね。

髪はぬれることで絡まりやすくなる性質を持つので、事前にブラッシングをすることで、髪の絡まりも解決することが出来ます。

また、ブラッシングは頭皮を刺激するため、血行促進の効果があります。

頭皮の血行が良くなると、育毛効果もあるのでオススメなんです。

ですが、あまり強くブラッシングしすぎると、頭皮を傷つけてしまい、トラブルに繋がりますので注意しましょう。

念入りに髪をすすごう

髪についた汚れは、お湯ですすぐことでほとんどが流れるんです!

びっくりですよね。

髪の毛の汚れは、すすぎで落としてしまいましょう。

特にワックスなどのスタイリング剤を使った日は、普段よりも念入りにすすぐようにしましょう。

ぬるま湯で洗おう

髪を洗う時の適温は38~40℃です。

温度が高すぎると、頭皮や髪の毛の乾燥につながります。

頭皮が乾燥するとフケやかゆみ、皮脂の過剰な分泌の原因になってしまうんです。

また、ヘアカラーをしている場合は色持ちが悪くなってしまいます。

温度が低すぎると、固まったスタイリング剤が落ちにくくなるなどの問題が!

温度が低い水でのシャンプーは身体にも負担がかかってしまい、風邪などの原因にもなります。

シャンプー時のお湯の温度は、適切に保ちましょう!

適量のシャンプーを使おう

あなたは普段シャンプーを何回くらいプッシュして使いますか?

シャンプーは髪の長さに合わせた適量があるんです。

髪の長さシャンプーの適量(目安)
ショート0.5~1プッシュ
ボブ1プッシュ
ミディアム1~2プッシュ
ロング2プッシュ

これはあくまでも目安量なので、普段使っているシャンプーの種類に合わせて適量で使用しましょう。

シャンプーの量が多すぎると、すすぎ残しなどに繋がり頭皮トラブルが発生します。

逆に少なすぎると、きちんと汚れを落としきれないので注意しましょう。

しっかり泡を立てよう

シャンプーを髪の毛につける前に、少量の水と混ぜてしっかり泡立てましょう。

こうすることで、髪を傷つけずに頭全体を洗うことが出来ます。

頭頂部、両側頭部、後頭部に泡立てたシャンプーをのせ、指の腹で全体を泡で包み込むように洗うようにすると、ムラなく洗うことが出来ます。

正しい髪の毛の洗い方は?

ここまで、正しいシャンプーの使い方について説明してきました。

ここからは正しい髪に毛の洗い方を見ていきましょう。

指の腹を使って洗おう

シャンプーをするとき、爪を立てて髪を洗っていませんか?

爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、フケやかゆみなどの頭皮トラブルに繋がります。

髪を洗う時は、指の腹でマッサージするように洗いましょう。

リラックス効果にもつながります。

髪の毛ではなく頭皮を洗おう

髪が長い方は、髪の毛を手で挟んで洗う方が多いのではないでしょうか?

そうすると、髪が摩擦で傷つき、ダメージを受けてしまいます。

シャンプーは基本的に頭皮を洗うものです。

髪の毛の汚れは、お湯や流れてきた泡で十分落とすことが出来るんです。

頭皮を洗うように意識して、以下の手順でシャンプーをしましょう。

➀後頭部を洗う

左右の耳の裏や、襟足の部分を洗いましょう。

指の腹で円を描くようにマッサージすることで、自然と泡立ちます。

耳の後ろにはリンパが流れているので、ここを刺激すると老廃物が溜まりにくくなりますよ。

②側頭部を洗う

左右の耳の上こめかみを洗いましょう。

左右の耳から指の腹を使い、円を描くように頭頂部まで洗っていきましょう。

③頭頂部を洗う

頭のてっぺんの部分、主につむじのあたりです。

首元から頭頂部に向かって指をジグザグに動かしていきましょう。

④前頭部を洗おう

おでこの生え際のあたりです。

特に皮脂が分泌しやすい部位なので優しく洗いましょう。

最後はしっかりとすすぐ

せっかくきれいに洗うことが出来ていても、シャンプーが残っていては意味がありません。

頭を洗った時間の倍の時間をかけてしっかり流していきましょう。

シャワーなどで流しながら一緒に頭皮をマッサージすると、血行促進にもつながります。

シャンプーについてのよくある質問は?

Q.シャンプーは朝か夜、どっちにする方がいいの?

シャンプーは夜にすることをオススメします。

人間は寝ているときに代謝が盛んになり、頭皮に栄養が回ることで髪が成長しています。

皮脂やホコリ、スタイリング剤の汚れが溜まってしまうことで、髪の毛の成長を遮ってしまうんです。

また、時間のない朝にシャンプーをすることで、丁寧なシャンプーができなかったり、きちんと洗えていない…なんてことも。

なので、シャンプーの時間には余裕を持つことをオススメします。

Q.シャンプーを選ぶ基準ってあるの?

シャンプーを選ぶ基準は「自分の頭皮に合っているかどうか」です。

使っていて、頭皮に違和感を感じたり髪がキシキシする場合は、シャンプーを変えてみましょう。

また、シャンプーの香りはバスタイムのリラックス効果や、日ごろの自分の髪の香りにもつながりますので、あなたの好みの香りを選ぶようにするといいですね。

Q.シャンプーブラシってどうなの?

シャンプーブラシは、毛量の多い方や、ネイルなどで直接髪を洗えない方にオススメしています。

必要以上に使うことで、頭皮を傷つけることにもつながるので注意しましょう。

Q.カラーやパーマ後のシャンプーで気を付けることは?

カラーの後は、38℃程度のぬるま湯で洗うようにしましょう。

ヘアカラー後の髪はダメージを受けているので、熱いお湯で洗うと更にダメージを受け、色落ちの原因になります。

パーマ後は、ごしごし洗いすぎないようにすることが大切です。

パーマもカラーも、いつからシャンプーをしていいのか注意点はあるのかなどを、スタイリストさんに直接聞いてみるといいですよ!

Q.ノンシリコンシャンプーっていいの?

シリコン入りのシャンプーは、髪のツヤ・手触り・質感を良くしてくれます。

しかし、頭皮の毛穴が詰まったり、べたついてしまうことも。

シリコン入りのシャンプーの特徴を知ったうえで、ノンシリコンシャンプーにしてみるか考えてみるといいですね。

ノンシリコンシャンプーでも成分のバランスが整ったものもあるので、チェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日々のシャンプーを正しい方法で行うことで、髪をきれいに美しく保つことが出来ます。

正しいシャンプーの方法正しい髪の洗い方をしっかり頭に入れて、実践してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました